FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富田健太郎君と出会って今に至るまで

2018年01月07日 21:00

私の現在の推しこと、富田健太郎君について語りたいと思います。
ちょうど一年前の今日1月7日に行われたドリフェス!
ファンミーティング02にて初めて生で富田君を見た時から
現在に至るまで、富田君に対する心境の変化や
彼の魅力について語りたいと思います。
あくまで私の感想ですので、解釈違い等あるかもしれませんが、
何分まだ一年の新参ですので、ご容赦頂けると幸いです。
また、私が参加したイベントについては触れていますが、
未参加のものについては記載しておりませんので、ご了承下さい。

富田君との出会いはアプリ、アニメ、アーケードゲーム等
幅広く展開しているドリフェス!というコンテンツで出会いました。
ドリフェス!は声優さんがキャラを演じるのではなく、
俳優さんが声を担当し、舞台の上でも彼らが演じるという
今までにない試みのコンテンツで、キャラを演じるのは
2次元でも3次元でも彼らしかいないのが魅力かつ強みです。

私はドリフェス!のアニメから、富田健太郎君演じる
佐々木純哉くんが大好きになりました。純哉くんはアイドルへの
憧れ、情熱が強く、努力家で、5人組ユニットDearDreamの中では
ツッコミ担当で、まとめ役のリーダーをしています。
2次元と同じように、3次元でもDearDreamはアーティスト活動していて、
CDをリリースしたり、イベントを行ったりしていました。

私が初めて参加したドリフェス!のファンミ02も
イベントの一つで、そこではトークやお芝居、ミニライブが
行われていました。当時、ドリフェスのアニメの影響で
倍率が高く、急遽追加公演が決定した7日に何とか
行くことが出来たので、本当に運が良かったです。
その時の私の知識と言えば、ドリフェス!のコンテンツを
追うのに必死で、演じている俳優さんについては
毎週配信されるラジオ、ドリフェス研究室という配信番組、
YouTubeに投稿されているファンミ01の知識くらいでした。
私はツイッターをやっているので、
富田君もフォローしているのですが、富田君と純哉くんの
性格のギャップがあるな~という印象があり、
ご本人を目の当たりにしたら、その差に別のキャストさんを
応援するのではないか!?と勝手に不安にもなっていました。

佐々木純哉くんというキャラはステージでファンに
「みんな愛してるぜー!」と手を振るようなアイドルキャラなんですが、
富田君はシャイで、どちらかというとツッコミよりも
ボケたがりな所が純哉くんとは違っていて、
キャラを好きな人は、富田君ご本人とのギャップに
戸惑うことも多いと思います。

でも、私がステージの上で、キラキラ光る富田君の笑顔を見た時に
富田君を応援したいなと心から思いました。
トークをしている時も、ダンスを踊っている時も、すごく楽しそうで、
とにかく笑顔が印象的だったのを今でも覚えています。

また、もう一つ印象に残ったのは、富田君が最後に話した
挨拶の内容です。私は7日にしか参加していない為、
他の回で何と言っていたかはわかりません。
記憶もうろ覚えになっている部分もありますが、
ライブ中盤で、天宮奏くんを演じている石原壮馬君が、
それまでの活動に対して振り返っていて、地方でのリリースイベントで
席に空席が目立ったこと、それが悔しくて頑張ってきたこと、
今はこの会場が満席になるくらい知ってもらえたこと、
来てくれたファンへの感謝を、涙声になりそうな声で語ってくれました。
その熱い気持ちがとても嬉しかったのを今でも覚えています。

それを受けて、最後の挨拶で富田君が、
「最年少ながらセンターとして頑張ってみんなを引っ張ってくれる
壮馬がいるから、僕たちも頑張れるんです。
安心してセンターを任せられます。」
と言っていて、とても胸に響きました。
私にはこの言葉が出てくる富田君の中には、
佐々木純哉というキャラクターが生きているんだなと
思ったんです。性格は違うし、キャラクターに対しても
富田君は多くは語らないけれど、彼の中の純哉くんを見て、
同一視していた訳ではないですが、佐々木純哉の声に
選ばれるべくして選ばれたんだと思いました。
特に嬉しかったのは僕たちも頑張れるという言葉です。
自分だけじゃなくて、メンバーみんなが壮馬君の頑張りに
感化されて、高みに登っていけるんだと感じ、
彼らの成長を見守りたいと思いました。

それから、2月にDearDreamのアルバムが発売され、
5月にファーストライブが行われました。
このファーストライブも倍率が高く、
行けなかったらおそらくここで追うのをやめていました。
私は運良く声を掛けて頂けて、大変有難かったです。
本当にありがとうございます。
ライブの内容については今度発売されるブルーレイを見てから
感想を書きたいと思いますが、この時の富田君の最後の挨拶が
緊張で何も出てこないという印象を受けました。
あんなに楽しそうに歌って踊っていた富田君が
挨拶で詰まるくらい緊張していたのがわかって
彼の頑張りに涙が出ました。彼の笑顔に沢山元気をもらって
すごく楽しかったので、感謝しかありません。
この時はその場に居れた幸せと、生で見れた喜びでいっぱいでした。

6月はオーバーリングギフトというミュージカル舞台を観に行きました。
この舞台にはDearDreamの及川慎くんこと溝口琢矢君と一緒に
富田君も出演していて、お芝居だけでなく、歌やダンスもあるミュージカルで、
初めてドリフェス以外での富田君のお芝居、歌、ダンスを生で見ました。
とにかく圧倒されたのを覚えています。富田君演じるカゲツという役を
どう説明したらいいのかうまく言葉が見つからないんですが、
お芝居をしている時はおどおどしていて、頼りない感じの役だったんですが、
歌い始めたら、カゲツの感情がダイレクトに心を揺さぶってきて、
自然と涙が出ました。表情はもちろん、歌声でこんなにも観客の心を
揺れ動かすことが出来るのはすごいと感動して見ていました。
また、何がすごいって序盤にカゲツとは別のフードの男を
富田君が演じていたんですが、その動きがダイナミックで存在感があり、
カゲツとまったく違う雰囲気を出せるギャップに驚きました。
作品の内容上、なかなか富田君の笑顔が見れない作品だったんですが、
終演後の挨拶で舞台に戻ってきた時の満面の笑顔を見て、
私の方がホッとしてしまいましたwやっぱり富田君の笑顔が好きです^^

7月はおれサマーというおれパラ主催のライブに
DearDreamとしてゲスト出演しました。彼らにとって初の野外でのライブで、
私は映画館から生放送で見れるライブビューイングで参加しました。
季節は夏真っ盛りにもかかわらず、ジャケットで汗だくになって踊っている
彼らに胸打たれました。富田君が変顔したり、会場を盛り上げよう!
としているのが、ライビュで見ていても伝わってきて、
彼は自分達のイベントでも、外部のイベントでも
お客さんを盛り上げようとしてくれるのが素敵だと感じました。

8月はドリフェス!の2期であるドリフェス!Rの先行放送が始まりました。
1期と比べると声優として成長しているのがわかりました。
聴きやすさはもちろん、感情の入れ方が上手くなり、伝わりやすくなっていて、
すごく嬉しかったです。それから、同じ時期にボールルームへようこそという
アニメに富田君が赤城賀寿役として出演していたんですが、
その役が群馬の方言を喋るキャラで、初めての他作品アニメへの出演に加え、
方言のキャラ!?と私の方が動揺してしまいました(笑)
ドリフェスの現場とは違い、完全に周りがプロの声優さんの中で
俳優として声優に挑む富田君の気持ちを考えたら相当大変だったと思います。
でも、役柄としても場を盛り上げるようなキャラで、難しい方言の中でも
彼の演技に熱を感じることが出来てました。
ドリフェスで培った経験が活かせたと同時に、ボールルームで得た経験も
ドリフェスに還元することが出来ていると感じ、とても嬉しかったです。
ちなみに、ボールルームでは実際に社交ダンスを踊るという映像企画もあり、
富田君が最後に一曲踊りきっているのを見て感無量でした。
富士田多々良役の土屋神葉君と挑戦していたんですが、彼にスケジュールの
キツイ中~と言われていて、忙しい中頑張ってくれたとわかり、涙しました…
ドリフェスでもボールルームでも、役に対して真摯に向き合ってくれるのが、
雑誌のインタビューでもわかり、ますます富田君に惹かれていきました。

9月はドリフェスのファンミーティング03の東京、大阪公演が行われました。
私は17日以外の公演に参加させて頂いたのですが、すごい盛り沢山でした。
お芝居パートでは純哉くんが唯一のツッコミ担当ということもあり、
ほとんど富田君が舞台の上に出ずっぱりで、汗だくになりながら
後日毎公演アドリブだったと知ったドリアピを見せてくれて、
めちゃくちゃ笑顔をもらえたし、楽しかったりで、本当に素敵なイベントでした。
この時のライブパートで、富田君がメンバーとアイコンタクトをしているのが
顕著にわかるようになり、その度にニコッと笑う姿に射抜かれてました(笑)
また、借り物競争というコーナーでメンバーが客席に来てくれたんですが、
ハイタッチ出来たり、お話し出来たりで、なんだこのイベントは…
となっていましたwここで富田君とはハイタッチ出来なかったのですが、
後に接近戦イベントがあったので、逆に出来なくてよかったですw

そして、このファンミ03から富田君に対して、ファンサービスのなさを
感じるようにもなりました。元々それを知って応援していたのですが、
黄色のペンライトを付けていても全く目が合わないので、
嫌われているのではないか?という謎の自己否定に悩むようになりました。
むしろ、黄色のペンライトを避けて見ているのではないかと思えるほど、
富田君がイベントやライブ中にどこを見ているのか、と思うようになりました。

11月。この月が一番イベント事で忙しい月でした。
まず、3日に握手&お渡し会とDearDream&KUROFUNEのミニライブが行われました。
握手&お渡し会はグッズを購入した分だけ、キャストと握手することが出来、
私は富田君と2回握手をしてお話ししたのですが、距離の近さに倒れそうでしたw
見た瞬間にうわ~こんな近くに実在するんだ!すごい!オーラが輝いてる!
笑顔が素敵過ぎて直視出来ない!うわ~~!と思いながらも、
あれだけイベントで目が合わなかった富田君とガッツリ目が合っていることに
一番感動しました(笑)あと手があったかかったです!お肌もスベスベでした!
1回目は舞台オーバーリングギフトについて直接伝えたかったことを伝えて、
2回目は自分が一番好きな歌の振付についてお話ししたのですが、
振付について伺った時にとても丁寧に教えて頂いて、
1回目で伝えきれなかったことを伝えることが出来て、あまりの嬉しさに
終わった後で泣いてしまいました…富田君が優しく対応して下さり、
おそらくここで富田君本人に落ちたと思いました。
この後行われたミニライブでも、ダンスのキレがファンミ03よりも良くなっていて、
ダンスのパフォーマンスでもここで初めて成長を感じることが出来ました。
ミニライブ後にハイタッチ会もあったのですが、その券はゲット出来ずに
ずっと眺めていたんですが、全員と終わった後に、客席に向かって
エアハイタッチをしてくれて、その優しさが嬉しくて、
富田君はファンを見ていないようで見てくれている人なのかもと思いました。

翌日4日にはリスウフパーティー2017というライブイベントが行われ、
こちらにもDearDreamとして参加していました。外部のイベントで、
有名なアーティストさんもいらっしゃったので、いつ出てくるのか
ドキドキしながら待っていたら最後のトリを任されていたことに驚きました!
彼らがトリを任されるくらい大きくなったんだと思うと嬉しかったです。
私は2階席から富田君を見ていたんですが、
2階席の方が富田君は見てくれる気がしました←
この時のライブはとても楽しくて、こういうライブをまた見たいと思いました。

19日に行われたBreakOutという音楽番組が主催のBreakOut祭という
ライブイベントに、DearDream&KUROFUNEとして出演しました。
こちらにも有名で実力のあるアーティストさんがいる中で、
リスウフに続きトリを任されていました。パフォーマンスについては、
ダンスの構成が今までと違う曲があり、今まで見ていたダンスを
こういう風に変えて見せてくれるんだ!同じものを提供し続けるんじゃなく、
新たに挑戦していく姿勢が感じられて、とても喜ばしかったです。
ただ、スタンディングの会場で、私はわりと前方にいたのですが、
相変わらず富田君とは目すら合いませんでした。それ以上に
完全に嫌われたなという行動をしてしまったが為に、
めちゃくちゃ落ち込んでしまいました。良かれと思ってやったことが
伝わらなかった、逆に迷惑を掛けてしまったことが本当に辛かったです。
終演後のハイタッチでは、この時すでに行くことが決定していた
CDリリースイベントの全国行脚という握手会の大阪会場に
行きますということを伝えて終わったんですが、
正直会いに行っていいのか、戸惑ってしまいました。

23日。CDのリリース握手会イベント、大阪行脚に
DearDreamの沢村千弦こと正木郁君と一緒に富田君が出演しました。
グループ内でも珍しい組み合わせで、二人のラジオ担当回はあったのですが、
握手会の前にどんなトークをしてくれるのか想像が出来ませんでした。
それよりも緊張で話すことが飛びそうで、どうしよう!?
嫌な顔されないかな!?私が握手して大丈夫かな!?と不安でした。
でも、会場の後ろから登場した二人に驚いて、いつものように
ゆるいトークが繰り広げられるかと思いきやコントみたいに
お互いにボケたりツッコんだりを繰り返していて、
不安だった気持ちが、気付いたら自然と笑っていて、
めちゃくちゃリラックスしてトークを楽しむことが出来ました。
富田君のボケたがりな所、笑いを取りに行く所が大好きです!
握手会前にも、皆さん緊張しなくていいですからね!
普段の僕らとお話してくださいと言っていて、その優しさに救われました。
なので、緊張はしたのですが、しっかりお話しすることが出来たのは
富田君のおかげだと心底思いました。握手会での内容ですが、
その当時ドリフェスアプリで配信されていたイベント曲が
ちょうど富田君が担当している純哉くんの歌だったんです。
以前にも同じ歌を歌っていたのですが、今回はDearDreamの片桐いつきこと
太田将煕君と一緒に歌うということで録り直していて、
その歌声が前よりもカッコ良くなっていたことを伝えたくて、
富田君に直接言うことが出来て良かったです。待っている間に
富田君対応を見ていたのですが、正木君→富田君という順番で
富田君が手を振っている途中で振り返って舞台から降りている方が多く、
せっかく富田君が振ってくれているんだから、
絶対私からは切らないぞ~!と思っていたんです。
握手をしてお話ししている間にスタッフの方に肩をトントンされて
手を離していたんですが、まだ少しお話しさせて頂き…
手を振ってお別れしようとしているのに、富田君がずっと手を振ってくれて…
私からは切らない!と決めてたので、次の方が待っているのが見えて
ごめんなさい!と思っていました…すごくやさしいですよね…(泣)
ちゃんと富田君が次の方を見る所まで見届けることが出来たのですが、
逆に迷惑を掛けてしまった!と反省しました。
次の方が正木君のファンだったので、それだけは救いでしたが、
以後気をつけようと思いました。富田君やさしすぎます!!!

この時の握手会から、富田君は優しいこと、富田君にとっての
ファンサービスはトークや笑いなのではないか!?と思うようになりました。
あんなに緊張していたのに、とても楽しい思い出になったのは
富田君優しさとひたむきさのおかげだと心底思っています。

12月の7日。イベントではないのですが、ドリフェス!R研究室
スペシャル番組がアニメイトチャンネルにて生放送されました。
こちらの番組はアニメが始まった当初から毎週もしくは毎月放送されていて、
キャストの魅力について一番提供してくれた素敵な番組でした。
DearDreamが仲が良くて揃うとわちゃわちゃしていて、見ていて楽しい…
こんな素敵な番組が配信元のサービス終了に伴い終わってしまい
本当に残念です。スペシャル直前の最終回では、富田君はお仕事で
参加が出来なかったのですが、最後の最後にサプライズで登場してくれて
とても嬉しかったです。高校の同級生でもある溝口君から、
約8年の付き合いの中で一番感謝してると言われていて、
それだけ予定をズラすのが難しいお仕事で、そんなお仕事を
頑張って早く終わらせて駆けつけてくれたと思うと感謝感激しかないです。
スペシャル番組の最後の挨拶でも、ファンの皆さんが応援してくれるから、
出ることが出来ると発言していて、富田君にちゃんとファンの応援が
届いていること、その思いに応えてあの場に居てくれることがわかって、
これまで応援してきて良かったと思えたと同時に、もっと応援したい!
と思うようになりました。富田君も応援してくれる!願いは叶う!と
ダルマの両目に目玉を書いていて嬉しかったです。
この素敵な番組が見れるのは3月31日までなので、
後悔しないように沢山見返したいです。

27日。所属事務所アミューズが毎年年末に開催しているライブイベント
ハンサムフェスティバル、2017年はフィルムフェスティバルという
映像を取り入れたライブイベントが25日から27日にかけて行われました。
富田君も参加していて、私は27日にライブビューイングで参加しました。
フィルムということで、いろんな短編映画を映画館で観ているような
感覚で、とても面白かったです。富田君の出ていたフィルムが個人的には
一番楽しかったです。いろんな衣装を着ている富田君が観れて、
舞台上でもメイド姿で出てくるとは思っていなかったので、驚きました!
ライブも楽しみにしていたのですが、ちょくちょく映るものの、
やはり大事な所は先輩がアップで映るので、ちゃんと映っていたのは
ダンスよりも石原君と行なっていたコントでした(笑)
コントが面白くてお腹抱えて笑えたので来て良かったと思っていました。
でも、終演後にライビュ限定で生配信をしてくれて、その配信の
一番最後にカメラに向かって富田君がキス顔をしてくれたんです…
文章にするとすごく恥ずかしいのですが…富田君はシャイで
こういうことをするのが苦手だともう知っていたので、
あの富田君が!?という驚きとともに、ライビュを見てくれているファンも
置いていかない、しっかり気持ちを届けてくれる方なんだと思いました。
そういう顔をして、ファンを喜ばせようとしてくれる気持ちが
何よりも嬉しくて、富田君なりのファンへの還元のし方に納得しました。

ずっとライブやイベントに行って、楽しめる時とそうでない時の差があって、
私が勝手に富田君にして欲しいファンサービスを求めていたと気づきました。
富田君は演技でも、歌でも、ダンスでも、トークでも、
ファンに気持ちを送ってくれていたんだなと思うようになりました。
富田君の演技への情熱、真面目さはもっと評価されてもいいのに
と思ってしまう気持ちもあるんですが、きっとそれはファンよりも
周りにいるメンバーやスタッフの方々が知っているから、
富田君の魅力をあえてこれ以上口にしようとは思いません。
ただ私は富田君の成長を見続けたい。そう、強く思います。

1月5日。富田君主演のアニメ、働くお兄さんの放送が始まりました。
ボールルームに続き、他作品のアニメに出演することが出来、
なんと溝口くんと二人で主演ということもあり、嬉しさも一入でした。
アニメを見て、オーディションでアレンジ力で選ばれたこともあり、
今まで聞いたことのない富田君演技を目の当たりにして、
すごいという言葉しか出てきませんでした。猫が好きなだけあって
猫のキャラクターを演じるのが富田君自身嬉しくて仕方ないのが
伝わってくるかのような楽しい演技で、見ていて心地よかったです。
主題歌もDearDreamが担当しているのですが、今までにない曲調で、
改めて富田君の歌声が好きだと思いました。
CDとして発売されるかまだわかりませんが、早くフルが聞きたいです!

そして、10日からはドリフェスプレゼンツのDearDream全国ツアーが
行われます!私は福岡以外の4公演に参加予定なのですが、とても楽しみです!
もう3日後なのが信じられないのですが、ドリフェスの特番で
富田君が絶対に成功させたいと言っていたので、
私も富田君に負けないようにエールを届けたいと思っています。

ここまで個人的に富田君を追って一年間を振り返ってみましたが、
自分が思っていた以上にイベントに参加していることにビックリしましたし、
ここでこんなことあったな、こう思ってたなというのを文章で残すことが出来て、
自分の気持ちとも向き合うことが出来ました。ツアーが終わっても
4月に開催されるボールルームのイベントがあるので、
燃え尽き症候群にはならないよう気を引き締めて応援していきます!

先程、富田君の魅力について言うことはないと書いたばかりですが、
私は富田君の笑顔が一番好きです。写真や映像で見れる富田君笑顔も
素敵ですが、やはり生で見る笑顔が一番輝いています!
この記事を読んで下さっているということは、少しでも富田君に
興味や関心がある方だと思うので、富田君を生で見て頂けたら幸いです。
富田君の全力のスベリ芸を見て、笑って楽しんで元気になってもらえたら、
私も嬉しいです。この記事が富田君へのエールに繋がりますように。

これからも応援しています。
読んで下さった方、本当にありがとうございました!!!

最後に。富田君に出会ったおかげで、素敵な友達が沢山出来ました。
いろんなことを話して、共有できる友達がいるから、
富田君を応援できる今があります。本当にありがとうございます。
そして、富田君にも心よりの感謝を。
これからも、どうぞよろしくお願いいたします。空は蒼いより。




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://beautifulbluesky.blog47.fc2.com/tb.php/1035-3a19efb4
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。