スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地獄少女 三鼎 最終話(と1話)

2009年04月08日 15:10

BIGLOBEで見ました。なんつーか、あれですね。
咲いてる花さぁ…彼岸花じゃなくて、百合だろww
なんだこれw小学生見ちゃあかんよな(笑)
内容からして理解出来んだろうし。
親と見たら複雑な気持ちになりそうだわ~

最後を見た訳だけど、地獄少女はあいじゃなきゃだめでしょ!
ポケモンの主人公サトシが降板するのと同じで。

ラストは三鼎の中できちんとまとまってたと思います。
みんな(あいの仲間)がまだ一緒なんだと思うと嬉しいなぁ
あいにとって辛くても、そこにしか居場所がないのかもしれないね。
あの家族みたいな繋がりは、素晴らしいと思う。
若干仲間入りしたいもん(笑)

ああ、一目連が「家族」と言ってた話を思い出して涙が←
あれは最高によかったなぁ
それぞれの過去話は辛かったけど、面白かったです。

それから、この作品において「柴田一」の存在が大きいと感じました。
はじめちゃんが書いた本が未だに影響を与えるなんて…
その本を書くまでの経緯を知っているから、すごく感慨深いです。

柴田の名前が出るだけで、忘れられずにみんなの記憶の中にあるんだと思いました。
もちろん、視聴者の心の中にもね。
うえださんが出る出ないに関わらず、柴田一の生きた証を忘れないようにしたい。
彼の言っていた事も真実の1つなんだから…

どうやら四も出るらしいので、そこにも少しだけ、本だけでも出てくれたらいいな。
四はまだ未定らしいですが、三では終わらないとも言ってました(笑)
どうなんでしょうかねぇ?
私はもうやらなくてもいいと思います。
クオリティを同じにし続けるのは、無理がありますから。
一を越えられるとも思いません。
複雑になればいいんじゃなく、結果的に何が伝えたいか、何を感じるかの問題です。
もし四があるのなら、これまで作り上げてきたものを壊さないで欲しい。
それだけ…です。

ありゃ?なーんか暗くなっちゃいましたか?
あんまり見てないくせに語ってすみません;
動画見た後、しばらくしたら1話に切り替わったので、それも感想書きました。
こっちはネタバレ箇条書感想です。
大丈夫な方はどうぞー



・一目連wwかりぬい歌ってるとかww
・ガキが裸ってナニこれ。
・坊主、半端ねぇ トラクター?ブルドーザ?か知らないけど、そのまんま乗って行くなよww
・…あ、そうか、みんなバラバラになったんだっけ?
・思い込み女ひでぇwwお前の前髪がねぇわ←
・きゃーーーーー!!!
一目連カッコイイ!眼鏡似合う!

・山童?変なのー
・シバクぞってww
・わざわざブラに止まらんでも…
・ちょっえ、ホホホホラー、つぅか、エロス←
・百合ですね、わかります(黙れ)
・馬鹿女、お前が悪いわwwねぇよwww
・山童って色が黄色なんかー初知り←
・反抗し過ぎだろー!!!!
・悪いのは確かに女の方だ。被害妄想すぐるw
・「アニメの見すぎだ」サーセンww
・ハチのコスプレかよwwお嬢のイメージがぁ↓↓
・円周率言うの大変そうだよ(笑)
・丹下てんてぇーー!!!!(泣)


以上っ!
最終回見てから1見るって…どーなんだろ?
でも、やっと話がわかってきました←今更w
最後見たので、もう見ません。
四があれば、またそこでお会いしましょうってことで☆




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://beautifulbluesky.blog47.fc2.com/tb.php/382-13e447e1
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。