スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青い文学シリーズ 1~6話

2010年01月04日 21:47

ずっと気になっていたこのアニメが、ア〇マックスで放送していて、
ようやく見る事が出来ましたー!
それの簡単な感想を書きたいと思います。
長くなりそうなので、2つに分割。
まずは「人間失格」と「桜の森の満開の下」を!
ネタバレですから!大丈夫な方はどうぞ~
私の勝手な意見なので、不快になられたら申し訳ありません!





「人間失格」 1~4話

えー初っ端から鬱でしたねぇ~これかなりきつかった…
新年そうそうに見て、めっちゃ凹みました…orz
人間の抱える永遠の悩みというか…答えのない苦しさに恐怖を感じます。
だけど、主人公の気持ちがわかるから…すごく胸が痛くて…
悪魔の描写が何とも言えんよね。
恐ろしさの中に、拒否出来ない絶対的なものがあって…
憎悪と愛着が滲み出たような…そんな生物に私は見えました。

主人公は、ひょうきんに振る舞っているのが、演技だとバレたくて苦しんでいた。
そんな彼の心情も知らず、私は…
そうやって何でも笑いに変えてしまう人を、羨ましいと思っていました。
失敗をしても笑いに変えられる、強い人なんだと勝手に決めつけてた。
でも、もしかしたら…違うかもしれない。見える事だけがすべてじゃないんだ。
それを思い知らされました。

おおっと…ホントに CRY CRY クライネ!!!←
けど、私はこの暗さ…嫌いじゃありません。小畑さんの絵もよかったです!
主人公を俳優の堺さんが声をされていて、批判もあるようでしたが…
私は新鮮で好印象でした。声に迫力がないのは物足りなく感じましたけど、
ありきたりな声優さんを使うよりも…まだ納得出来ます。
アニメ前の語りも面白かった!まさに豆知識コーナー!
俳優さんならではですよね^^


「桜の森の満開の下」 5、6話

…上では、俳優さんでもいいんじゃない?と書きましたが、
すべての主人公を俳優さんがされるとは…orz
てか、キャラクターがごつくて厳つい顔をしているのに、
声がその見た目とは違うので…力強さがなくて残念です><
いくら何でも全部はないでしょうが!
「地獄変」も同じく、おじいさんの役は無理がありますよね。
声優さんでも、俳優さんでも、イメージに合えば構わないんですが…
頑張るだけではどうしようもない声質があるので…
それをもうちょっと考慮して欲しかったかなぁ

話も全体的によくわからない。何が言いたいのかわからない。
どこを見せたいのか、何を感じとればいいのか、不透明でした。
そして、時々デフォルメされて、ギャグっぽいシーンが入って…
あれ、最初はいい演出かと感じました。やりすぎてちょっと…
程よい加減じゃないと引いて見てしまうので、勿体ないですよね。
桜も花びら舞いすぎだろうwww綺麗でしたけどね。
映像の綺麗さはなかなかでした!歌も上手くて…水樹さん、流石!!!
あそこにはこだわっただろうなぁ熱意伝わってきたよ!
話がさっぱりぴーすけだったから…誰かに教えて欲しい←
彼女は鬼で、殺したと思ったら殺されていた的な…そんなんでOK?
…ちょっ、ノリ軽すぎるwホントすみません…;


っと、今回はこれで…本当は全部書くはずが、
長い=時間が掛かると判断したので…;
「走れメロス」に差し掛かって、長いと理解しましたw
残りの作品についても感想を書くつもりです!
よろしければそちらも読んで下さると嬉しいです^^
ふぅ…次はいつになるのやら…早めに取り掛かります!


~追記~

拍手ー!ありがとうございますっ!!!わーい^^
気分のよくなる感想ではないので、ヒヤヒヤしました…
話がそもそも暗く陰欝で…もしくは残虐で理解不能…
でも、その中にこそ人間の本性が、真実がある気がして…奥が深いですよね…




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://beautifulbluesky.blog47.fc2.com/tb.php/605-8377b692
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。