劇場版ダブルオー!!!

2010年11月01日 13:11

今更ですが、こちらの地方でもついに公開が終わってしまいました…うう…
3回見たんですが、簡単に言うと、1回目はビリーさんに全力泣きでした←
ストーリーもよく把握出来ない中、アレルヤに期待してたら、予想よりも、
ビリーさんが良すぎて!!!萌が詰まっていた!!!私も髪いじりたい!
眼鏡もいじりたい!優しくしたい!(笑)ビリーさんが、
「優しくして下さい」って言うシーンがあるんですけど、
必ず場内が笑いに包まれますw一度聞いたら忘れられないwww
2回目に観た時は、ようやくストーリーをちょい把握したと共に、
やっぱり私の好きなアレルヤのシーンに号泣でした…ハレルヤのかっこよさ、
アレルヤのもう迷わない意志の強さ…彼自身の中で決着が出来てよかったと、
見ていて思いました。そして、ラストの盛り上がりとEDにも、
涙が止まりませんでした…刹那がエルスに向かうところから、最後まで…
ダブルオーが終わってしまう寂しさと…それを上回る感動がありました。
3回目はOPで泣きました(笑)EDに、「やっと出会えたんだね」
という歌詞があるんですが…まさに「これから私とダブルオーとの対話が始まる」
って思ったら、この場所に居れること、今、映画を観れること、感動すること、
泣けること、笑えること…すべてが愛おしくて…幸せで…この空間すべてが、
ダブルオーの世界に包まれた気がしたんです。だから、涙が…流れたと思います。
本当に…ダブルオーを好きでよかった…3回目の対話が1番、
ダブルオーを好きだと思わせてくれました…また、ようやく内容を把握←
いや、この映画は1度や2度じゃ理解出来ない…与えられる情報が多すぎて、
まさにエルスに向かう刹那と同じ(笑)沢山詰め込められすぎですよねw
出来ることなら4回目の対話をしたかったんですが、時間の都合上断念><
でも、12月に発売される初回限定版のブルーレイを買う予定でいます!
私は記憶力がない方なので、詳しい感想はブルーレイ発売されてから、
余裕のある時にしたいです^^個人的には初っ端からクライマックスですがw

っとそうそう!京都の舞台挨拶にも行きました!
ちゃんと記事書いてたんですが、気に入らなくてボツにしました←
ざっくり感想書くと、私…よっちんしか見てなかったwww
いや、マジで!思い込みだと思われるだろうけど、誰が喋っていても、
片目はいつも吉野さんをキープし、時々見つめ合いました(笑)
話されていた内容も、記憶が…orz司会者の人の方が内容に触れてたんじゃ?←
中村さんなんて、完成した時のスタッフ試写会で、吉野さんと一緒に、
前の方の席で観たから首が痛かったとか言ってた記憶が(笑)
だから、前の席の人は次は後ろの席で観て下さいって言ってました…
その時、みんな前の方の席の人のことを見ていて羨ましかった前の席ぃい!!!←

神谷さんはティエリアの表情について真面目語りされてました。
言われて気がついて…2回目からは意識するように見てたんですが…
エルスの攻撃から刹那達を守るために、ティエリアが盾になるシーンで、
ティエリアの表情が柔らかく描かれていて…昔のティエリアなら無表情だった所を
表情一つで彼なりに成長したことを表していて、すごいと言ってました。
そこに気付いたティエリア役の神谷さんがすごいというか…
ティエリアへの見方が変わった瞬間でした。神谷さん、ありがとうございます!

吉野さんは出だしから「あ、どーも」で吉野さんらしいと思いました(笑)
可愛いったらありゃしないw面白かったのが、アレハレの会話についての話。
ガンダムハルートはマリーと一緒に乗る機体なんですが…今まではハレルヤが、
ガラスに映ったりして存在?していたのに、映画はアレルヤがぼっちで、
ハレルヤと会話しているので、他の人から見たら、頭おかしく見えますよねー
そりゃマリーも黙りますよ(笑)的なことを言ってて爆笑しましたwww
うまく説明出来なくてすみませんwこれは見てもらうしかないです(笑)
それ聞いて劇場に行くと、確かにマリー喋ってないwww台詞がwwww
アレハレが1人2役で会話してるんで、ある意味シュールwwww
それと、最後の挨拶で「ガンダムというシリーズがあって、
シリーズが愛されている上で、ダブルオーという作品がある」
とおっしゃっていて
その通りだなぁと思いました。ガンダムファンの気持ちにも応える、
吉野さんの発言に、嬉しくなりました。ダブルオーだけを取り上げるんじゃなく、
ガンダムというシリーズがあったから、ダブルオーがあった…
本当に…ダブルオーの大元のガンダムに、感謝したくなりました。
ありがとうございます…そんな吉野さんを好きだとひしひしと感じます…

三木さんはとりあえず、前の人の頭がですね、ちょうど三木さんにかぶって、
「ちょっ三木さん!三木さん見えない!!!」が心の叫びでした(笑)
印象的だったのは、ライルだけが人間で、ガンダムマイスターであること。
刹那はイノベイター、アレルヤは脳量子波が、ティエリアはヴェーダの一部…
普通の人間はライルだけなんですよね…だから、私達が1番共感出来る、
キャラクターであること。三木さんのコメントを聞いて、ライルを身近に
感じられました…ただの人間が戦闘に向かう…彼の思いがどれだけのものか…
また、同じように特別な力もないキャラクターが、必死に生きよう、生き残ろう、
地球を、人類を、家族を、救おうとする姿に自然と目がいくようになりました。
アンドレイやコーラもそうだし…軍人だからって怖くないわけじゃないのに…
で、そこで挿入歌の「もう何も怖くない、怖くはない」の話になるんですが…
って話ズレて感想に入りそうなのでやめておきます。スメラギさんやフェルト、
ビリーさんにカティもみんなみんな必死だった。三木さんの言葉一つで、
こんなにも影響するなんて…言葉の持つ可能性、影響力を知りました。
キャラクターにだって、いろんな感情があって、私達と同じように、
「生きてる」と思うと…胸が熱く、鼓動が高鳴ります…

最後に宮野さん。私、ダブルオーのイベントを通じて、宮野さんのコメントには、
つくづく弱いなぁと思いました(笑)「対話」がメインのこの映画で、
宮野さんは私達に対話して下さいと…映画の感想も、どこがよかった、
すごかった、それを友達や家族と対話して欲しいと…おっしゃっていました。
私、その言葉に号泣(笑)泣いてたのは私だけかもしれません←
ハンカチ使って涙拭いてたら、ここでもぬかりない吉野さんとのアイコンタクトw
宮野さんのコメントに泣く奴いんのかよ的な感じかもしれませんが(笑)
いやでも、すっごく心に響きました。宮野さんがトリなわけで…
皆さんもうダブルオーについてコメントしきっている状態で、
宮野さんはどんなことを言ってくれるんだろう?と思ったら、
ダブルオーを観てからの私達に向けるコメントで…本当に嬉しかった。
一緒に観に行った方と、対話したい!と心から思えました。
でも、私はコミュニケーションが下手くそで、うまく対話出来なくて…
申し訳ない気持ち以上に感謝しているのに…伝えられなかった…
すみませんって言ってばかりで…いや、ブログでもすみませんばっかなんで、
リアルでもすみませんばっか言ってるんですけど(笑)ありがとうって、
ちゃんと伝えたかったな…文面じゃなくて、声にして、もっと、もっと。

宮野さんのコメントで、いろんな人と対話したいと思えました。
対話はダブルオーだけに留まらない。好きなテレビ、アニメ、雑誌、漫画…
挙げるものがオタク思考ですが、対話には文字同士も含まれると思うから…
私は何度でも、何度だって伝えたい、言いたい、話したい。そう切に思います。


言葉がなくてもわかりあえるように、
言語が違えどわかりあえるって信じたい。
時には言葉がわかるから傷ついたり、わからないから傷ついたりもするけど…
私は出来れば対話を通じて、わかりあいたいと…願うよ…


テレビシリーズの頃は、マリナの言う「話し合いましょう」が理解出来なくて、
話し合いで解決するわけがないとか、勝手に決めつけてた。
でも、そうじゃないんだって…テレビシリーズから劇場版で…貫いたことは、
お互いがわかりあうことの重要性ですよね。憎み、いがみ合い、思い込み、
傷つけ、悩み、苦しんだテレビシリーズがあったからこそ、
劇場版の結末にも納得出来ると思う。むしろ、私は劇場版のダブルオーが好き。
希望論でも何でもいい…諦めることはすぐにだって出来るから…
少しくらい粘ってみよう。対話してみよう。そう思わせてくれました…
それで十分。それが大切。きれいごとで終わらせたくはないから…
映画での思いを吸収して、自分の中に花を咲かせたいです。
世界に一つだけの花じゃないけどwあれは自分が花のイメージだけど、
自分の中に花を一輪、育てたい…ダブルオー映画はそういう内容でした。

舞台挨拶は結構ざっくり終わったんですが、マイクが3本しかなく、
神谷&吉野、三木&宮野、中村&監督って感じで行われてたマイクパスも、
可愛かったです(笑)3人でマイク1本になったり、話振られるとマイク!
ってなるのが楽しかったですwww最後帰る時も、吉野さんが頭の上で、
手を合わせて、ペコペコお辞儀してるのが可愛かったなぁ~
よっちんしか見てない(笑)「吉野さーん!」と言いたかったんですが、
周りがね、「ひろしー!ゆーきゃーん!」凄かった(笑)2人の人気ぱねぇw
心の中ではよっちん!よっちん!してましたwwwすごくよかったなぁ~
京都の上映後の舞台挨拶だったので、朝早かったですが…
どうしても作品を見てから、お話を聞きたかったんです…
見てない側、見てる側じゃなく、同じ立場になりたかった…
だから、ここ面白かったよね、最後どうだった?とか、
声優さんとダブルオーを共有することが出来ました。それが何より嬉しかったな…
もちろん、監督を含め、スタッフの方々にも感謝しています…
水島監督、もっとコメントしてくれたらよかったのになぁ~
いい悪あがき、お疲れ様でしたwありがとうございます^^

ざっくり感想のはずが、がっつり感想になってしまい、すみません。
ネタバレは避けて書いたので、曖昧な表現をしたこと。また、記憶が薄れているので、
声優さん達がまったくその通りに言ったという訳ではありません。ご了承下さい。
ネタバレ感想はブルーレイをゲットしてから、書きたいです!

近日公開が始まった地域の方々もぜひ!観て下さいねー対話して下さい!
そして、映画との対話を終えたら、私と対話しましょう!
いつでもお待ちしてます^^読んで下さった方、ありがとうございました!!!

ガンダムダブルオーが大好きだ!!!




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://beautifulbluesky.blog47.fc2.com/tb.php/798-4200ba33
    この記事へのトラックバック


    最近の記事