スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブレイク組語り

2011年04月21日 21:53

※「涙の卒業式!」を見て、思ったブレイク組、円堂、豪炎寺、鬼道さんの
個人的な語り。一応、ネタバレ注意です。一気に書いたので、同じことを
何度も繰り返したりして、支離滅裂文章です。海の広さのような心で(ry←





この回で改めてブレイク組の関係が、私好みだなぁと思いました。親友という
強い絆があるのはもちろんなんですが、豪炎寺が円堂と鬼道さんを結ぶ繋ぎ役、
懸け橋なんですよね。以前にもそう書いた覚えがあります。でも、今回は、
それをかなり感じさせられました。円堂にとって、雷門中のサッカーの始まりは
「豪炎寺との出会い」なんです。だから、どんな強い相手や信頼出来る仲間が
いたとしても、すべては豪炎寺との出会いがあったからこそで…
円堂にとって、1番大切なのは豪炎寺の存在なんですよね。
サッカーの出来事を振り返る度に、真っ先に思い付くのは豪炎寺なんです。

けど、豪炎寺がサッカーを再びするきっかけになったのは、円堂だけじゃなく、
鬼道さんの存在があったから…豪炎寺にとって、そりゃもちろん円堂だから、
雷門のユニフォームを着て、助っ人になったんだけど、鬼道さんがいなくちゃ、
それはありえなかった。敵という立場でありつつも、今では仲間になった
鬼道さんを、1番気にかけてくれてるのは、豪炎寺じゃないかな?と思います。
雷門中に誘ったのも豪炎寺だし…豪炎寺の視点で見てみると、鬼道さんの
存在は、円堂にとっての豪炎寺と同じくらいだと思うんですよ。
きっと豪炎寺は円堂と鬼道さんがいたから、今サッカーが出来る…
そんな2人に感謝しているんじゃないかな?円堂だけでも、鬼道さんだけでも、
豪炎寺はサッカーをやめていた。けど、2人がいたから、また始められた。
円堂と鬼道さん、どっちが欠けても、今の豪炎寺はいなかったと私は思います。

そして、鬼道さんは…なんだろ?なんて言うべきか…
鬼道さんは円堂や豪炎寺のように、サッカーをする、しないじゃなく、
サッカーとはどういうものか、がテーマにあって、
それを変えてくれたのが、円堂との出会いだったんですよね。敵ながら、
その熱さに惹かれ、試合を通じて、豪炎寺と円堂の友情、信頼が芽生える過程を
目の当たりにしてきたと思います。2人を見てきたからこそ、そこに自分が
加わるなんて、思ってもみなかったことで…円堂にとって、豪炎寺が1番だと、
鬼道さんが1番知っているから、2人の間に入り込めないのを理解してそうです。
ただでさえ、最初は敵だし、帝国から雷門に転入したよそ者ですよ?
最初から雷門にいた円堂や豪炎寺とは違うわけです。でも、円堂も豪炎寺も
そんなの関係なくて…鬼道さんを仲間として、親友として、受け入れてますよね…

鬼道さんについて書くと、どうしても1人だけ立場が違うのを痛感します。
それは私も感じていましたし、円堂と豪炎寺の間には入れない鬼道さんの
ポジションがたまらなくツボだったりします(笑)そんなことない?いや、
きちんと思い返して下さい。まず、雷門に誘ったのは豪炎寺です。
試合後、鉄塔広場に鬼道さんを連れていき、円堂と引き合わせたのも豪炎寺です。
世界編では、鬼道さんが豪炎寺に相談したら、円堂の部屋に連れて行かれ、
海辺では、円堂と豪炎寺がランニングしてる所に鬼道さんが加わります。
そして、今回、円堂は豪炎寺に言われてから、鬼道さんを連想しています。

円堂と鬼道さんの間には豪炎寺がいなきゃダメなんですね(笑)

2期でも豪炎寺がいなくなった時、船の上で、キャラバンの上で、
豪炎寺のことを話していたのは円堂の方で…鬼道さんは頷いてばかり。
戻ってきても「待たせたな」「いつもお前は遅いんだよ!」に加われず、
最近の回では、台詞逆にしてましたよね、円堂と豪炎寺…
鬼道さんとも会話が欲しかったかな~なんて思いますが(笑)

イナズマイレブンにとって、円堂と豪炎寺が原点なのは、円堂が主人公だから。

そして、こんな2人を見守ってきたのが鬼道さんだよなぁと心底思います。
円堂ってわりと感情型じゃないですか。思いをぶつけたり、その熱さが、
みんなを引き付けてますよね。でも、豪炎寺は行動型というか…
口数は少ないくせに、行動を起こしてるのは豪炎寺の方が多いんですよね。
鬼道さんが世宇子に負けた時、鬼道さんの分まで頑張るのが円堂で、鬼道さんが
サッカーを出来る方法を考えるのが豪炎寺です。円堂は思い浮かびも
しませんでしたから…鬼道さんを雷門に転校させるなんて。
鬼道さん自身も豪炎寺に言われるまで、雷門に行く考えはなかったでしょうね。
心では円堂に惹かれ、行動は豪炎寺が後押ししてくれる。そんな2人を
鬼道さんは信頼し、お互いに助け、支えあっているのがよくわかります。

…長い間、どうして円堂は豪炎寺ばかり気にかけるのか、不満に思っていました←
鬼道さん好きな私としては、仕方ない気もします。けど、やっとわかりました。
豪炎寺が主人公なら、鬼道さんと円堂、両方が大切だけれど、
円堂が主人公だから、豪炎寺が1番なんだなぁって^^
あ、別に円堂が鬼道さんを大切に思ってないとかじゃないです!
ただ原点は豪炎寺なんです。それをやっとこさ認められました(笑)
てか、鬼道さんが帝国をやめ、雷門に居続けること自体、
すごいと思います。円堂、豪炎寺という仲間がいるからですよね…
鬼道さんも2人を大切に思ってくれて嬉しい。

そう言うと佐久間は?源田は?となりますが、佐久間と源田だって、
鬼道さんにとって大切な仲間です。それがわかっているからこそ、
雷門に居続けた鬼道さんの思いが伝わってきます。個人的に言えば、
帝国に帰って欲しかったけど、雷門が鬼道さんの居場所になってくれて、嬉しい。
あれだけ似合わないと思ったのに…赤マントな鬼道さんを待ち焦がれたのに…
今では青マントな鬼道さんも愛おしく思います。本当にブレイク組が好き。

なんだかんだ書いてきましたが、まだ言いたいことありますが、
私はブレイク組が好きなんだなぁと本当に、ただそれだけなんです。

ブレイク組

この3人にマジで感謝!!!!

画像が若干鬼道さん寄りなのが、私らしいですよねwww
この3人の関係性や絆はそのままであって欲しいです。
別に会わなくてもいいから、会った時には、この時のように、
笑いあっていたら…それだけで充分です^^ブレイク組が
いつまでも仲良しでありますように。親友でありますように。

本編感想は別で書きます!ただどうしてもブレイク組について書きたかった!
イナズマがもう終わってしまうとなると、語れるうちに語ろうと、
少し暴走してしまいました…読みにくい文章で申し訳ないです。
あくまで私の中でのブレイク組の解釈なんで、ご了承くださいませ。
感想、しばしお待ち下さい!悔いがないよう、全力で挑みます^^
読んで下さった方、ありがとうございました!!!


~追記~

いやぁ~ホント自分語りで申し訳ない!拍手、ありがとうございます!!!
本編よりこのブレイクの関係性が書きたかった気がします←
円堂がいて、豪炎寺がいて、鬼道さんがいる。このイナズマブレイク組が、
大好きです!!!また3人が一緒にサッカー出来たら嬉しいです^^




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://beautifulbluesky.blog47.fc2.com/tb.php/847-8a591cec
    この記事へのトラックバック


    最近の記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。