愛天使の最終回

2011年05月18日 23:25

見ました。今まで何度か感想を書いてきたのですが、核心に触れず、
ネタバレにならないよう書いてきました。でも、やっぱり書かせて下さい。
何から書いたらいいか、どう書いたらいいか、わからなくなるんですが…
最終回で結婚式をやることによって、ももこにセントサムシングフォーを
すべて身につけさせ、そのまま戦いに向かうという演出がいいよね。
ようすけとももこが永遠の愛を誓い、2人の愛が世界を救う…それだけでなく、
「セントサムシングフォーを身につけた花嫁は必ず幸せになれる」という
ももこを思う仲間の友情にも本当に胸が熱くなりました。


サムシングオールドは両親やずっとずっと昔の祖先を愛する心。
サムシングブルーは湖や森や山々など、自然を愛する心。
サムシングボローは友や仲間への友情の印。
サムシングニューは新たなものへ苦難を乗り越えて挑む勇気の証。



このサムシングフォーが4人にピッタリ当て嵌まると思います。
ももこは言わずもがなですね。母親が天使で…母親の指輪を譲り受け、
両親との絆が描かれていました。ゆりはリモーネと恋をして、人間界だけでなく、
天使界を案じ、自然を愛する心を持つに相応しいと思います。ひなぎくは、
好きな人と自分の友達が結ばれたけれど、友を憎むことなく、2人を祝福します。
サルビアは悪魔を憎み、ヴィエントも倒そうとしていた。けれど、ヴィエントと
ももこの愛が本物だと知り、2人を見届けます。サムシングフォーと、
それを持つ人間が、シンクロしていると私は感じます。

その中でも私が好きなサルビアって、見方によってはかなりうざいと思います。
ヴィエントを倒そうとするし、仲間とも対立するし、視聴者側としても、
引っ掻き回しているようにしか思えません。でも、サルビアがいたからこそ、
みんなで苦難を乗り越えられた。むしろ、サルビア自身が苦難となり、
立ち塞がり、それを乗り越えたももことようすけの愛が、
誰よりも強いと物語っていますよね…サルビアはそういう役まわりなんです。
そういうサルビアが私は愛しく思います。悪魔を憎むサルビアが、
ヴィエントを認めたからこそ、ももことようすけの愛が本物だとわかる。
食べ物とかでもそうでしょ?キノコ好きな人がキノコ料理食べて「おいしい」
と言ってもある意味当然で…キノコ嫌いな人が「おいしい」と言う料理なら、
説得力がありますよね。だから、サルビアの存在は不可欠なんです。
もっとうまい例えが出せたらいいんですけどね(笑)すみません。
サルビアがあえて、嫌なことを言ったり、損な役割をしてきた分、
それを乗り越えたももことようすけを愛しく思います。少し何か言われただけで、
意見が変わったり、折れたりするくらいなら、その気持ちは本物じゃない。
やりたいこと、強い思い、愛を貫いたももこには、幸せになってもらいたい。
そんなももこだから、応援したくなるし、主人公でよかったと思います。
特に、レインデビラを憎むんじゃなく、哀れむと言ったももこだから、
愛の力でレインデビラに打ち勝つことが出来た。ももこはそういう子なんです。
悪魔を倒すんじゃなく、浄化してあげるんだと。憎むんじゃなく、哀れんでいる
ももこだから、出来ることですよね。悪魔を憎むサルビアとはその部分で、
対立をしたわけだけど…サルビアって、憎しみの心を持つ子なんです。
レインデビラにも「我らの怨念に従うべし」と、サルビアは従う気質があるような
言い草だと感じました。じゃあ、レインデビラとサルビアは何が違うか。
確かに種族は天使と悪魔で違うけれど、サルビアには愛がわかる…
サルビアには確かに憎む心はあるけれど、愛する心を持っている。
それは大きな違いなんです。レインデビラは愛を知らず、憎むことで、
自分自身をも縛っていた。自分の憎しみから魔の木に縛られ、それを天使のせいだ
と憎み呪うことで、自分の強さを表していました。けど、それは間違っている。
愛は憎むものなんかじゃない…それを教えてくれたのはももことようすけ、
2人の愛です。レインデビラにとって、拒んでいた愛が、憎んでいた愛が、
レインデビラが生み出した憎しみを消し、足も自由になりました。

私はレインデビラを見ていて、笑えないと思います。最初はただの逆恨み、
思い込みにも思えますが、私だってそういうことあると思う。自分で決めつけ、
遠ざけ、何かのせいにして憎む。悲しみを抱えきれずに、押し付け、怒りに
することで、自分の身を軽くする。そういうこと、あるんですよ、人間には。
それをももこが浄化してくれた。レインデビラだけでなく、私の心も。
この作品見るとね、レインデビラにはももこがいて羨ましいと、自分にも
そんな存在が居てくれたら…と思いました。でも、この作品自体が私にとって、
愛を教えてくれる存在なんだと感じました。本当に…感謝しています。

私はこの作品をどう見てもいいと思うんだ。私がサルビアを好きなように、
みんなそれぞれ好きなキャラがいて、思いがあると思う。けど、絶対に
感動してくれたら嬉しい。この作品を見て、何か思ったり、涙を流したり…
そのキャラだけじゃなく、作品を好きになって欲しい。私の勝手な思いだから、
きっと中には肌に合わない人もいるんだろうな…けど、それでも言いたい。
私はこの作品が大好きだよ。本当に好き。すごく考えさせられます。
憎しみは何も生み出さない…その通りですね。肝に命じておきます。

愛天使は幼稚園の頃、大好きで見ていました。けど、内容も忘れていた私が、
うえださんを好きになっだから、この作品に出会えました。
作品にも感謝していますが、やはりうえださんにも感謝しています^^
この作品にうえださんが関わっていてくれて…素敵な作品に会えて…嬉しい。
簡単な言葉でしか気持ちを表せないけれど、大好き。見る度もっと好きになる。
自分が作品を好きになると、みんなに知ってもらいたくなる。
オススメしたい。語り合いたい。また見たい。もっと見たい。
「愛は炎 悲しい運命など すべて燃やし尽くすから
天使 悪魔 争いすれ違う 心一つになりたい 願いをこめて wedding」

この歌も、BGMも好きすぎて…鳥肌です。切実にサントラ欲しいです…
漫画も読みたい…好きという気持ちが溢れて止まりません。

これで毎日の楽しみがなくなってしまったけれど、きちんと録画したので、
またいつでも会えます!OVAもいつか放送してくれると信じています^^
最終回、終わってしまった悲しみよりも、この満足感を味わって欲しい。
素晴らしい感動をありがとう…くじけそうになったら、愛天使を思い出します。
もっと多くの人が愛のウェーヴを感じてくれますように。

私の感想なので、サルビアについて語りました。ご了承下さいね。
サルビアが最後に「素敵な恋か…私もしてみたいものだな」と言うシーンで、
終わりますが、この作品を見て1番に思うことかもしれません(笑)
サルビアが言うのがたまらないよね。ほんと可愛く思えますw
そして、素敵な恋してぇ!ようすけみたいな恋人欲しいわ、切実(笑)
私だけでなく、皆さんも素敵な恋が出来るといいですね!
愛天使語りにお付き合い下さり、ありがとうございます!!!
OVAについても語りたいですね^^愛天使大好きだー!!!


~追記~

拍手して下さった方、ありがとうございます!!!
多分、また愛天使がやっていた影響でしょうね。嬉しいです!
この記事には私の愛天使への思いが詰まっているので、
読んで下さる方々に、この思いが伝わりますように^^




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://beautifulbluesky.blog47.fc2.com/tb.php/862-b329099f
    この記事へのトラックバック


    最近の記事